池高野球部OB会ホームページ

がんばれ ! 池高野球部 !!
Login ID:  PASS:    Lost Password?  | Register now

ニュース

  • 秋季大会2回戦勝利!(池高野球部)

    2006/9/18 22:23:29
    池高野球部

     台風の影響が心配されたが、残暑を思わせる秋晴れのもと、秋の大会二回戦、三回戦が府内各地でおこなわれ、我が池田高校は、昨秋八強の布施高校に5対2で快勝し、三回戦へ駒を進めた。次の試合は、次週9月23日(土)の予定。場所・時間等は決まり次第連絡します。

    ◆秋季大会2回戦
                      R H E
     池田 000 013 001  5 7 4
     布施 100 100 000  2 6 0
      バッテリー:吉山-木下
      本塁打:天宅(9回 ソロ)
      二塁打:天宅、原、吉山
      盗塁:上原

     1点をリードされた6回表、この回先頭の4番真島が、外角スライダーをうまく右前に運ぶ。5番木下は四球を選び、6番吉山がきっちりと投前に送りバントを決め、一死2・3塁のチャンスを作る。続く加藤の打球は三塁正面の痛烈なゴロ。三塁走者の真島が間一髪タッチをかいくぐって帰塁し、結局フィルダースチョイスとなり一死満塁となった。そして、野手としてはA戦初スタメンの原が起用に応え、三遊間・遊撃手横を鋭く破る。この打球にあらかじめレフト線に寄っていた左翼手が追いつけず、走者一掃の二塁打となり一挙逆転に成功した。
     9回には、1番天宅がライナーで左翼柵越えのソロ本塁打を放ち、池高の勝利を決定付けた。
     一方守備面では、公式戦初戦ということもあり、中盤までなかなか硬さが取れず、吉山の不調ともあいまって、流れをものにできないでいた。特に初回は、2安打・1四球・3ミスという吉本新喜劇ばりのずっこけで、どうなるかと思わせたが、なんとか最小失点で切り抜けたのも大きかった。4回も送球ミスで失点し、嫌なムードぷんぷんであったが、要所を吉山が三振や内野ゴロに打ち取り、追加点を許さなかった。
     期待の右腕吉山は、普段は110球前後で完投するところ、今日は148球も費やし、次戦以降の復活が待たれる。

       ◆   ◆   ◆   ◆   ◆

     今日の公式戦には、多くの父兄、OBが応援に駆けつけた。東京からは喜多村OB会長、相生から38期加藤氏、また若手では、今春卒業の58期のメンバーなど多くの方が集まり、池高の勝利を喜んだ。
    次はこれまた強豪の阿武野高校。昔のOB諸氏には聞き覚えのない校名だろうが、市岡高校を甲子園に導いた河合監督率いる実力校である。
    しかし、池高も好投手吉山を推し、互角の勝負が展開されると思われる。是非9月23日は、今日以上の皆さんに応援に来ていただきたい。

  • 秋季大会ベンチ入りメンバー(池高野球部)

    2006/8/30 21:59:01
    池高野球部

    ※左から、背番号、名前、学年、ポジション

     1 吉山   ② 投
     2 木下   ② 捕
     3 田中(太) ②  一
     4 三崎   ② 二
     5 金沢   ② 三
     6 真島   ② 遊
     7 上原   ② 左
     8 天宅   ② 中
     9 平山   ② 右
    10 吉塚   ① 投
    11 常行   ② 投
    12 中山   ① 捕
    13 加藤   ② 内
    14 宮本   ② 内
    15 有澤   ② 内
    16 原     ② 外
    17 田中(悠) ① 外
    18 横山   ① 外

  • 恒例「お盆のOB戦及びOB会」盛大に開催(OB会)

    2006/8/13 11:30:00
    OB会


    お盆休みの土曜に恒例となりましたナイターのOB戦とOB会が今年も8月12日に盛大に開催されました。
    豊中ローズ球場でのナイターOB戦には33名が参加。暑さも幾分やわらいだナイターならではの好コンディションであったため、最年少でも31歳の中年(?)軍団とは思えない好プレー・好打撃そして珍プレーが続出。参加したそれぞれが気持ちの良い汗を流しました。
    その後、曽根駅前の「更科」に場所を移しての懇親会には、若干のメンバーの入れ替わりがあったものの30名が参加。名古屋から駆けつけていただいた14期片山先輩の乾杯を皮切りに大いに盛り上がりました。今回は池高2度目のベスト16進出時のメンバーだった28・29・30期の方々が初参加して下さり、当時の思い出話に花が咲いていました。宴会から参加の28期笈田先輩からは「本気で甲子園を目指せ!」との熱い激励とともに来年は他校との他流OB戦のご提案もいただきました。また、これだけプレーできるメンバーが集まるのなら来年は「OB甲子園」を目指そうとの声も上がっていました。
    昨年以上の参加者と盛り上がりで池高野球部OBの固い結束を確認できたすばらしい会合となりました。ご参加いただいた皆さんには心より感謝致します。
    幹事役として球場の申し込みや店の手配に奔走いただいた大塚役員、本当にご苦労様でした。

  • 3年生(59期)お疲れさま(公式戦)

    2006/7/12 0:40:00
    公式戦



    思わぬ1回戦敗退でしたが、創部60年の池高野球部の歴史の中で、必ずや
    好試合のひとつとして多くの人の記憶に残る試合であったと思います。
    8・9回の全員でつないだ怒涛の攻撃は,新しい池高野球=力強く、明るく、元気
    な、楽しめる野球であり、応援しがいのあるチームに成長してくれました。
    59期がさきがけとなったという自信と誇りを持って池高野球部を巣立って下さい。

  • 在京OB会を開催しました(OB会)

    2006/6/28 2:40:00
    OB会


    H18.6.24 18時より「月の雫 上野公園前店」に7名のOBが集結しました。

    左から31期の喜多村さん、37期の宮井さん、30期の村主さん、16期の広谷さん、29期の平井さん、35期の一色さん、45期の柴田さん

  • 夏の対戦相手決まる!(池高野球部)

    2006/6/24 20:57:04
    池高野球部

    第88回全国高校野球選手権大阪大会の組合せ抽選会がおこなわれ、池高の対戦相手が以下の通り決まりました。

    ●1回戦 対福井高
     7/9(日) 舞洲球場 第3試合

    ●2回戦 対大冠高
     7/16(日) 舞洲球場 第3試合

    ●3回戦 大阪学院・追手門学院-寝屋川高の勝者
     7/21(金) 豊中ローズ球場 第1試合

    いずれも実力のある好チームです。相手チームの分析は後日掲載していきます。
    また、ベンチ入り18名の選手も登録されました。

    今年は1、2回戦とも日曜日!OB・ファンとも大結集しましょう!!
    登録選手についても、後日紹介します。

  • 日米親善高校野球・大阪選抜メンバー(高校野球)

    2006/5/25 2:24:46
    高校野球

    6月に日米親善高校野球がおこなわれるそうです。
    各府県選抜チームと対戦し、6/17には舞洲スタジアムで大阪選抜チームと対戦します。その選抜メンバーの情報を紹介します。

    【投  手】魚谷(履正社)、谷村(浪速)、西山(大阪)、前田(PL)
    【捕  手】土井(履正社)、広本(浪速)
    【内野手】新井(桜宮)、大原(箕面東)、奥平(PL)、小杉、謝敷(大阪桐蔭)       橋本(大商大堺)
    【外野手】足立(布施)、今井(履正社)、出来(大阪桐蔭)、中浦(大商大堺)、      東村(東大阪大柏原)、山下(近大附)

    以上が大阪選抜メンバーです。昨秋、今春季大会ベスト8の高校からの選出だそうです。

  • 私学の壁破れず。池高無念の4回戦敗退(公式戦)

    2006/5/4 19:00:00
    公式戦

    【春季大会4回戦 万博球場】
     池田高
      000 000 010  1
      103 100 00X  5
     大商大高

     先発辻野が4回までに3ランを含む7安打を打たれ、逆に池高打線も9安打を放つも相手横手投げのエースに要所を抑えられ、無念の4回戦敗退となった。
     両者に大きな実力差があったわけではないが、何気ない一つ一つのプレーを確実にこなせているかどうかの差が結果に現れたといえる。例えば、池高は、ヒットを打たれたあとの外野から内野への返球ミスで2度打者走者に余分に塁を与えてしまい、その内1回が失点に結びついている。それらも含めて、4つの送球エラーが出てしまっている。対して、商大高は堅実なプレーでダブルプレーも2つ決めていた。走塁においても、商大高の各選手は安打後のオーバーランも大きくとり、やるべきことをしっかりやっている。こうした小さな積み重ねが大切であることを、選手たちは十分理解して欲しい。

     いよいよ夏まで2ヶ月。1年生も含めた更なる競争でチーム力をUPさせていって欲しい。

  • 池高 4回戦進出!(公式戦)

    2006/5/4 8:10:00
    公式戦

    【春季大会3回戦(再試合) 上宮太子高G 5/3 13:30〜15:30】
    和泉 000 100 0  1
    池田 000 900 X  9

     相手投手は前回250球以上を投げたエースは登板せず、控えの左投手が登板。緩急を上手く使われ3回までランナーを出せず、序盤は重苦しい展開となり、更に4回表6番・7番に連打され1点を先取される。
    しかしその裏2周り目に入った池高打線が爆発!
    中村の中越え3塁打と暴投ですかさず同点とし、四球を絡め1,2塁で小瀬がレフトへタイムリー。続く森高の右中間3塁打、藤原のスクイズで一挙5点を取り大きく逆転した。なおも攻撃は続き、相手のミスも絡み計9点を挙げ、勝負を決定づけた。

    先発吉山もその後の和泉の反撃を絶ち、7回コールド勝ちで再試合をものにし、8年ぶりに公式戦4回戦進出を果たした。

     4回戦(vs大商大高)は本日5/4 13:20より万博球場で行われます。
    爽やかな春空の下、熱戦が期待できます!まだまだ負けられません!
    熱い声援・応援のほどよろしくお願い致します。

    投稿者:加藤一成(38期)

  • 小瀬、起死回生の同点打! 激闘15回決着つかず(公式戦)

    2006/5/1 17:00:00
    公式戦

    【春季大会3回戦 鳳高G 4/30 14:00〜17:30】
    和泉 100 014 000 200 000  8
    池田 120 021 000 200 000  8

     2点勝ち越されて迎えた10回裏。走者一、二塁ながらも既に二死。ここで途中出場の小瀬が左翼の横に痛烈なライナーのヒットを放つ。よし、1点差と思ったその瞬間、左翼手がその打球をグラブに当てて大きくそらし(記録はエラー)、一塁走者までもが長躯ホームイン。池高は土壇場で同点に追いついた。11回以降も走者を出すも決定打が奪えず、引き分け再試合となった。
     両チームとも先発投手の制球が定まらず、また守備のミスも重なり中盤まで点の取り合いとなったが、6回以降はお互いに攻めあぐねるといった展開となった。

     再試合の日程等は、明日(5/1)には決まる予定。おそらく5/3になると思われます。今日は、船津丸さん、桐久保さん、宮井さん、加藤さんの各OBが遠方からはるばる駆けつけてくれました。5/3にはOB会長も来阪されるかもしれません。他のOBの方々も是非会場に来ていただき、熱い声援を送ってください。

« 1 ... 15 16 17 (18) 19 20 »

Since 2004.07.12
Copyright © 2004-2023 IKEKO.NET All rights reserved.